2015年11月03日

直義の年齢(その2)

(チラ裏シリーズ)

こんばんは、という訳で
『チラ裏観応日記』「直義の年齢(その1)」の続きです。


さて、直義の年齢がはっきりしてすっきりした所ですが
尊円親王による「冥道供」の記録には
もう少し興味深い話が続きます。

(※以下、出典は『大日本史料』貞和4年正月18日の
 『門葉記』(もんようき)の記録。
 『門葉記』は、『青蓮院門跡』に伝わる平安以来の寺務記録を
 尊円親王が編纂した書。)



貞和4年(1438)正月18日から20日まで
三夜に渡る修法を終えた尊円親王
翌日、施主の直義へ巻数(かんず。祈祷の報告書)を贈ると共に
治天の君である甥の光厳上皇(こうごん じょうこう)へも
"内々に"(=こっそり)
直義の厄年の為に行った「冥道供」についての報告をしました。

(※治天の君(ちてんのきみ)…
 院政において、実権を持ち実際に政務を執り行う上皇のこと。)


これはなぜかというと…
 「甚深旨趣 定叶時宜歟之間 進上之」(『門葉記』)
つまり
 「(直義の抱く)祈祷の旨趣(=心中の所存)が
  とっても深いものなので
  きっと上皇のお気持ちに添うだろう〜」
と思ったから。


では、この祈祷に際し
直義が心中、どんな思いでいたかと言うと…


「今年は自分の厄年ではあるが、祈祷は決して
 (自ら進んで)こいねがうものであっては、ならないと思う。
 本来は、精一杯 "無私" の心でいる事が大切で
 に味方するのならば
 そうする事でこそ冥助(=神仏の助け)が得られるのだと思う。
 もしまた、不徳の身天心(=天子の心)に違(たが)うのならば
 その時はいよいよ、願い求める事をしてはいけない。
  …(中略)…
 そういう訳で、今度の祈祷では
 天下静謐
 禁裏(光明天皇)と仙洞(光厳上皇)の宝祚(=皇位)が
 長く続く事
 これを以て、私の所願円満としたい」



( ゚Д゚) <…

直義ぃぃーーーww お前はどこまで清いやつなんだよ!!www
厄年の祈願なんて
普通に考えて、個人の安全と幸せを願うものなのに
なぜか天下の幸せを祈り出すきよきよ侍足利直義
毎度、凡人の発想をいとも簡単に突き破ってくれる
予測 超 不能な所があって、尊氏とはまた別の意味でミステリアス
しかも「の願いを叶えたいなら、無私に徹する事!」
とかいう、常人にはパラドックスでしかない事を真顔で言ってのける
尊円親王もこれには

 「願念無私令感心者也」 ( "無私" の願念とは感心した!)

と感想を記していますが
実は、直義はこのように

 個人的な願いを、天下への祈りに昇華してしまう

という、天性の菩薩気質があるのです。
(他の事例は後日紹介しますが
 直義は本当に、驚くほど根っから清いです。)



この心の綺麗さには、もう史料を見るたび泣けて来ますが
なんか…
直義には "私" の概念がそもそも無かったんじゃないか??
とか疑いたくなってしまうw
人間離れし過ぎていて
(私も含めて)心の汚れた現代人には、そうそう理解し得ない性格かも知れませんが
しかし、直義の行動原理を解明する上で、極めて重要な一次史料的論拠となるので
よくよく心に留めておいて下さい。


例えば、『観応の擾乱』では
 「直義は、自身の覇権の確立という "私的な野心" を抱いて
  兄尊氏から幕政の全権限を奪う事を目標としていた」

といった説がたまにありますが
直義がこのような考えを抱くという考察は
一次史料の事実に反する非学問的・非論理的なものです。
学問における考察には
史料に立脚した論拠が無くてはならないし
史料の事実と矛盾しない、精緻な論理立てが無くてはなりません。
ただ一般論で通常の人間が抱く欲を、直義に当てはめても
真相を得る事は不可能
という訳です。






ところで
この一連の「冥道供」エピソードで
もう一つ特筆したい点があって、それは…

 祈祷目録が、将軍尊氏の自筆だった」

というものです。
おそらく、依頼の際にそれを見ただろう尊円親王
 「これはただ事じゃないなり〜 (´・ω・`) 」
となったと思われますがw
直義の「重厄」の祈祷に際し
尊氏がわざわざ自筆を染めた理由は偏(ひとえ)に…

  直義心配だったっから

そういう事になります。
な…、なにその良い話ww (´;ω;`)ブワッ



しかし、貞和4年(1348)といえば
『観応の擾乱』が始まる貞和5年(1349)の前年
一般には
 「尊氏派直義派の対立が年々悪化して
  遂に二人は決裂『観応の擾乱』の勃発となった」

との解釈が主流ですが
なんか…すごい矛盾する…??


直義の厄年なんだから、もし幕府が
尊氏派直義派なるものに分裂していたのなら
祈祷の諸事には直義側の人間しか関わらないだろうに
思いっ切り尊氏が首突っ込んでる…って
どう考えてもおかしいでしょ!!
しかもなんで準備段階から把握してんの!!
…と言いたいとこですが
実は、おかしいのは従来の説だった、ってゆう。



つまり、以前
「暑中御見舞い申し上げます」述べたように
幕府が分裂したから『観応の擾乱』が起きたのではなく
『観応の擾乱』が起きたから幕府が分裂してしまったのであって
「擾乱以前の幕府の分裂」という現象は
実は… 存在しません。
解釈の誤りによって生まれてしまった幻想です。

局所的には、意見や方針の対立はあっただろうし
気が合わない…なんてのも大いにあったでしょうが
結局その程度であって
基本的に幕政は、直義頂点に構築されていました。

(しかもこれは尊氏の意向であり、直義は…
 実は、それを望んでいなかったのです。
 それでも、兄尊氏が望むのならと
 全身全霊で政務に励む直義
 なぜ尊氏は、直義が頂点に立つ事を希望したのか?
 直義本心で望んでいた幕府の形とは―――
 この辺はかなり泣ける話なので詳細は後日 (´;ω;`) )



『観応の擾乱』の原因は、幕府の分裂ではなかった

というと、かなり衝撃的で
ただのインパクト目当てトンデモ逆説
…にしか聞こえないと思いますが
しかし、一から史料を読み直して純粋に論理的な解釈を施すと
本当にこの結果が導かれますw

と言うのも…
『大日本史料』をはじめとするこれまでの研究成果
膨大な史料の収集・分析・解読
計り知れない労力を費やされた非常に価値が高く素晴らしいもので
私も多大な恩恵を受けており、感謝しきりなのですが
(特に、古文書・古記録翻刻&解読は…
 あれは人間業じゃない、拝みたくなる凄さww)
ただ…
それを元にした一部の解釈では
どうも "現代の" 一般論感情論を当てはめ過ぎなものがある…
というか、史料からの推論ではなく
 「人間はこういうもの!」(権勢欲金銭欲が第一!)
という画一的な価値観で全てを説明しようとしてしまっていたり
(人の性格はそれぞれ違うので
 史料から慎重に読み解く必要があります)
あるいは…
 「野心に燃えて、旧来の道徳秩序を破る覇者こそ
  理想の存在

という一部の現代人的な願望
当時の人物に "投影" して歴史を描いてしまっているので
史料そっちのけで想像が先走り
フィクションに近くなっている…のがある…


もちろん、厳密に史料に準拠し
高度に論理的な思考、あるいは鋭い慧眼
当時の真相を見抜いた見事な考察は少なくないのですが
(これらの考察には、私も多くのヒントを貰いました。
 早く全部紹介したいです)
しかし な ぜ か
そういうものの方が埋もれてしまっている!!
…ような気がする。 なぜなの??ww


人は、目の前の静寂な真実より
例えば○○史観のような喧騒の虚構
魅せられてしまうものなのだろうか?
(ってか、実際そうだよねw
 ○○史観って、人を変な興奮状態にさせて正常な判断力を奪う。
 恐るべし、恐るべし… )



まあとにかく
考察の上で重要なのは
 「道理を見失わない」(=当たり前の事を当たり前に考える)
という事だと思います。
歴史解釈に、現代人特有の想像を持ち込んだり
人の行動原理を
理性を排除し、合理性だけで説明しようとするのは
道理に外れています。
特に…
 「近親者は絶対憎しみ合い血みどろの争いをするもの!」
という骨肉史観(…とでも言おうか)は、うーーーんww
かなり歪んでいると思います。
他者には分からない深い情愛というものも
存在するのですよ。




あらやだ.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆話が逸れたわ〜〜!!!!!




さて、だいぶ話が斜めって来たので元に戻しますと
「冥道供」を終えた尊円親王
"内々に" 光厳上皇に事の次第を報告した翌日
早速、上皇から御返事が届きました。
内容は、尊円親王の報告にとっても喜んだ事
そして…


「(祈祷に際しての直義)旨趣(=心中の所存)は
 誠に "無私清潔の至り"
 天下の為にこれほどの喜びはありません。
 "天下は元来、天下の(ための)天下であり"
 それゆえ武家の安寧は、天下安全の源であると
 私は偏(ひとえ)にそう思い続けていましたが
 彼趣(=直義の思い)もまた互いに相通じたものでした。
 ならば、(今度の祈祷の)冥感が得られない事が
 どうしてあるでしょうか。
 本当に、心から嬉しく思います。」

(※冥感(みょうかん)…信心が神仏に通じること。)


…… (´;ω;`)
って、なにそのスペシャル良すぎる話!!!
つまり
 「我が心が天心(=天子の心)に違(たが)うのなら
  神仏の助けは得られない」

と考えていた直義に対して
 「私も常日頃から(天下武家に対して)同じ思いでいました」
と、言葉も交わさず心を通ずる奇蹟の君臣
もう (´;ω;`) (´;ω;`) (´;ω;`) なんなの!!


しかもこれ、光厳上皇直義の直接のやり取りではなく
尊円親王を介したものなので
お世辞や社交辞令ではないのですよ。
そもそも光厳上皇に伝えたのは、尊円親王独断ですから。


こっそり粋な事をする尊円親王かなりグッジョブ!!な訳ですが
(ちなみに、尊円親王
 わりと歯に衣着せない感想を記していて面白い御方です)
実はさらにこのあと
直義との間で取次ぎを担当している僧光惠に書状を遣わして…

「先日、(直義の旨趣の)話を聞いて
 めっちゃ感激したから、内々に上皇に伝えたら
 こんな御返事が届いたよ!
 この勅報を "密々に" 進覧するから
 頃合を見て(直義に)伝えてあげてね〜」

と、さらにグッジョブを重ねる尊円親王でありました。
この続きの記録はありませんが
光惠から話を聞かされた直義は…
たぶん、一晩中泣いちゃっていたことでしょうw




菩薩帝☆.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆キタワァ〜〜!!!!!




それにしてもどうですか
この光厳上皇卓越した思想は。

 「天下は元来、天下の為の天下であり
  武家と力を合わせて天下泰平を実現したい」


朝廷の優越性とか朝家の権威高揚とかそんなんは二の次で
天下万民の幸せが一番に大事だと
その為には、武家との協力が何よりも大事だと
そう悟られている訳ですよ。


さすが、花園帝から史上最高の帝王学を受けた帝は次元が違う…
と言わざるを得ませんが
(※花園帝が皇太子時代の光厳上皇に授けた『誡太子書』については
 当ブログ「畠山義就(その6)」の前半で少しだけ触れています)
実は、光厳上皇
自身がどんな凄惨な苦境に陥ろうとも
本当に最後まで自分以外の "すべての民" を優先した
"無私" の極地をゆく菩薩帝なのです。

(それなのに、事績が全然知られていないって…
 ちょっとかなりどうなのよ (´・ω・`)
 ちなみに、この "すべての民" には… 尊氏も含みます。
 『観応の擾乱』の際の、北朝に対する尊氏の行動は
 かなり酷いものだと思われていますが
 これもすべて、真相は別のところにあります。
 詳細はこの先少しずつ。 これまた涙腺崩壊案件です。)



当時の日本のトップは、日本一心の綺麗光厳上皇直義だった
とかもう、なにその奇蹟ww (´;ω;`)
いや、わろてる場合じゃなくて
本当にそんな時代があったんですよ。




現代の一般的な歴史認識では
 「朝廷武家は、天下の支配権をめぐって対立するもの」
という
万民そっちのけの "天下私物化" 的な解釈が支配的で
それゆえ
 「武家朝廷から天下を奪ったとか
 「天下天皇のものだから、武家から取り返さなければならない
とかいう
低次元な論争(おっと言い過ぎたw)になっている訳ですが
しかし、当時の北朝武家の考え方は
文字通り 次 元 が 違 う 高尚なものだったのであり
これが本来の日本の有り方なのだと思います。


そもそも、当時の武家民衆から圧倒的な支持を受けていて
将軍ってのは(特に尊氏は異常にw)民から愛される存在でしたから
武家の排除という考え方は、もろ民意の逆を行く圧政な訳で
それを正当化するって… 民の事全然考えてないよね、ってゆう。


(この「天下は天皇のもの」「武家はそれを奪った逆賊」
 という捉え方は、つまりは
 近代以来の思想「○国史観」な訳ですが
 江戸時代終焉以降、つい70年前までの一時期
 この国ではこの思想が正しいものだとされていました。
 (そしてその結果、大変な事になりました。)
 今一度
 本当に道理人道に適った正しい考え方
 歴史の中から探し直す必要があるでしょう。
 万民の為の天下を願って力を合わせた北朝室町幕府
 「無私清潔の至り」(『門葉記』)である理念が
 今こそ見直されて欲しいです、はい。)



ちなみに、「天下の天下…」というのは
『六韜』(りくとう)の「文韜」にある言葉です。
(※『六韜』については
 本サイト『2-9』「愛読書は、『六韜』『三略』」をどうぞ。)

「天下は一人の天下に非ず、すなわち天下の天下なり
 天下の利を同じくする者は、則ち天下を得
 天下の利を擅(ほしいまま)にする者は、則ち天下を失う


(天下は君主一人のものでは無い。
 天下万民の天下である。
 天下の利益を万民と共有する君主は、その地位を保ち
 天下の利益を独占する君主は、その地位を失う。)


過去の賢人から学ぶ事の大切さを
当時の正しい為政者は知っていた、という訳です。





では折角なので
さらにイメージを膨らませてもらう為に
北朝室町幕府が歩みを始めた建武3年(1336)から
12年後のこの貞和4年(1348)での各人の年齢を列挙しますと…


光厳上皇 24歳 → 36歳
光明天皇 16歳 → 28歳

足利尊氏 32歳 → 44歳
足利直義 30歳 → 42歳

花園法皇 40歳 → 52歳
尊円親王 39歳 → 51歳

夢窓国師 62歳 → 74歳


(※夢窓国師以外はそれぞれ兄弟、上から…同母、同母、異母です。)
(※花園帝・尊円親王の異母兄が後伏見天皇(建武3年(1336)崩御)で
 光厳上皇・光明天皇兄弟の父上です。)
(※花園帝は、この年の11月11日に崩御。)


光厳上皇直義の年齢を見てもらいたいのですが
とにかく、若い!!のですよw
あまりに無私菩薩なもんだから
二人ともどんだけ人生経験積んだ仙人なんだよ…とか思いきや
これですよ。
若くて清くて正しくて、美しいほどの信頼関係を持つ
この治天の君幕府のトップが新しい時代を担っていた…って
なにその綺麗過ぎる話www
どうです、史実妄想が捗って仕方ないでしょう。

光厳上皇は、尊氏直義より年下…とか
 光厳上皇が薫陶を受けた花園帝は、16歳上でしかない
 とかも、わりと意外な点かと思います。)


もちろん、主君を支える重臣には年配者がいたでしょうが
やはり、彼らの親世代である夢窓国師
政治面でも精神面でも、実際親のように二人を支えていたようです。
まあこの辺の話は、また追々。
室町幕府創生期というのは
あらゆる方面の美しさが詰まった魅惑の時代です。





ところで、尊円親王
伏見天皇の皇子で天台宗の僧であるだけでなく
入木道(じゅぼくどう。=書道を極めた能筆家でもあます。
いわゆる「青蓮院流」の始祖であり
実は、今も昔もこっち方面での顔が頗る有名です。
そしてその関係で
これまた尊氏直義が絡む
スペシャルエピソードの記録を残してくれているので
楽しみにしていて下さい。
一見ハートフル、しかし尊氏直義の心の奥を覗くと
胸が締め付けられるような話です (´;ω;`)ウッ…





直義妄想☆.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆ラストターボよ〜〜!!!!!





さて、気になる点をもう一つ。
この直義42歳の「冥道供」
その詳細な記録を見ても
相当万全の体制で臨んだものだっただろう事が想像されますが
しかし―――
尊円親王が依頼を受け取ったのは… なんと予定日の3日前だったw


この当時、尊円親王は京都の『青蓮院門跡』ではなく
近江国の坂本(比叡山の東側の麓)に滞在していて
「冥道供」もそこで行われたのですが
これは、その頃紀伊方面で南朝との軍事衝突が再燃していて
座主門主は、天下静謐の祈祷に勤しむ為にも
安全な坂本へ移動するよう、幕府から通達があったからです。

僧の光惠が幕府に呼ばれて
京都で依頼の内容を聞かされたのが正月14日
その光惠から、坂本尊円親王に書状が届いたのが15日の昼過ぎ
そこから初日となる18日の夜に向けて
急遽準備が始まった訳ですが(※18日は幕府側が指定した日)
16日の夜に支具物が到来し、そっから壇所の用意…
とかいうスケジュールで
その様子を聞いた尊円親王も思わず記録に書き残す…

 「卒爾至極也云々」(『門葉記』)
 (※卒爾(そつじ)…にわか、出し抜け、突然なこと。
  軽率、軽はずみなこと。)

つまり
 「ちょ、なにそれ(あわただ)しいなの〜 (´・ω・`) 」

って、そらそうよねww




それにしても、3日前とは
直義にしては計画性に欠ける…ような気がしますが
これはどうやら、こういう事だったようです。



上記の(祈祷に対する)「直義の旨趣」をよくよく読んでみると
そもそも直義は、自身の安全を祈願する「重厄」の祈祷
あまり乗り気じゃなかった(本当言うと嫌だった)事が窺えます。
根本が "無私" の直義にとっては
"私" の祈願は、どこか恥ずかしく罪悪感が伴うものなのでしょうw


この(半ば弁解に近いw)「旨趣」
決して自分の利益(りやく)を期待した祈願では無い事を
(書状ではなく)口頭で詳しく伝えたいがため
坂本の尊円親王のもとへ
18日の祈祷初日(※夜開始)の昼過ぎ、つまり直前
京都から遙々(はるばる)光惠を遣わせて、直接告げたものでした。
曰く

「元来、冥助を望むなら無私でなくてはならない。
 不徳の身なら、祈願するにも及ばない。
 しかし、将軍(=尊氏)から自筆の祈祷目録を賜ってしまったので
 その命を黙止する訳にもいかず
 思案の末
この度の祈祷では、天下の安泰を祈りたい」

(※上述の「直義の旨趣」の「…(中略)…」部分に
 尊氏の自筆祈祷目録の話が入ります。)


つまり
今回の「冥道供」は初めから尊氏の勧め(というか命令だった
という事になります。

おそらくは…「重厄」の祈祷を勧めても
あくまで渋る直義に対し
尊氏が日時を指定し、祈祷目録を自筆に記して
将軍命令で半ば強引に遂行させたので
こんな慌しい事になったのではないかと。

(※前回「直義の年齢(その1)」で紹介したように
 尊氏の42歳時の最初の「重厄」祈祷が
 前年末から年を跨(また)いで行われたものだった事を鑑みると
 直義は… 相当渋り続けたと思われるw )



"自分の幸せ祈願" をとことん嫌がる直義かわいいw
とか思ってしまいますが
(しかも、どうしても嫌でギリギリまで一生懸命考えた挙句
 「そうだ!天下と帝に捧げよう!」とかもう、なんなのww
 「重厄」関係なくなってんじゃんwww )

しかしそれよりも
尊氏の熱意に目を見張るものがある、と思います。




尊氏というのは
これは尊氏好きならよく知っている事だと思いますが
直義に強く言われると… 断れないんですよw
いつも「…うん、分かった」ってなっちゃうんですが
ただし、これを以て
 「尊氏は意志が弱いとか
 「直義は、人の良い尊氏を振り回していた
とまで言われている事がありますが
それは違います。


実は、直義の知らない所では
独自に現状を察知
すべて自らの意志で指示を出していた(ただし良い意味で)
というくらい、しっかりした意志の持ち主です。
尊氏は、戦時の先読みに優れた軍師兼任将軍ですが
一方平時でも、いわゆる "方便" を使って
"誰にも気付かれないように"、事を円満に解決してしまう
 (…これは、誰も傷つけたくないが為です)
という特殊能力を秘めた将軍だったのです。 (;゚Д゚) !!!???

(それゆえ尊氏は、情報にも敏感で
 常に最新の情報を得て
 誰よりも正確に、広範囲の状況を把握しています。
 いわゆる「すべてお見通し」というやつです。)



一般的な尊氏のイメージでは…

政道を直義に譲ってからは
それらの事に無関心で、問題が起きても無責任
(誰にでも優しい…から)気が弱い
大らかで細かい事を気にしない…つまり)物事深く考えない
人が良い…ので)乗せられ易く騙され易い

といった感じだと思いますが
 (※注意…カッコ内は本当です)
これは、尊氏の "表の顔" にまんまと惑わされていた訳で
 (でもそれは尊氏の思う壺なので、悪い事ではないですw)
実際は
すぐに嘘を見抜いてしまうので誰にも騙せない
 (ただし騙された振りはするw 優しいから)
極めて鷹揚で、何事にも動じない強さを持ち
そして "裏の顔" も、その才能を悪い企みに使うんじゃなくて
良い企みに発揮していたのだから
こんなに天下万民に有益な将軍はいないですよ、ってゆう。


(実は、幕府開始から『観応の擾乱』までの13年間
 平穏が保たれ、直義が幕政に専念出来たのも
 尊氏が裏で手を回して気を配っていたからなのです。
 直義みたいに心が綺麗過ぎると、人を疑う事を知らないので
 清濁 "濁" に対して、余りにも弱いですからw
 具体的事例はこの先紹介していきますが
 尊氏が一見、なんか間抜けっぽい(失礼w)イメージだったのは
 まさに…
  「大賢は愚なるが如し」
 (非常に賢い人は知識をひけらかさないので、一見愚かに見える)

 だったから、という訳です。
 つまり…頭良すぎなんですよ。 この尊氏の本性に気付くと
 『観応の擾乱』の真相解明が一気に加速します。)




あーさて
気を抜いたら尊氏情報にターボがかかってしまったので
話を戻しますと
つまり、そんな意志の強い尊氏がいつもつい
直義の言う事に折れてしまうのは
私が思うに
 「嫌われたくなかったから」
なのでしょうw
ちょっとくらいの不都合は、裏でいくらでもフォロー出来ますから。
 (直義がやる事は、正しいのだが大胆過ぎるのでw)
だからこそ、直義自身の安危に関わる事では
今回のように、決して譲らない強引さを見せるのではないかと。

(…と、いう事は
 直義の希望に反して
 直義が幕政の頂点に立つ事を、尊氏が決めたのは
 これもまた "直義の安危" に関わる… おっと、今はこの辺で。)




と言っても
直義が尊氏を「本気で嫌いになる」なんて事は有り得ないんですが
(これはまあ、色々と大量なエピソードが示している事実)
しかし、どうやら…
(絶対信じられないと思いますが)
子供みたいに(す)ねる事はあったようです。 た、直義がww

あの天上界の住人の如く精神の超越した菩薩侍直義
心を乱している…!??

みたいな、信じられない一次史料的事実(これ自体は有名です)があって
その理由を徹底的に探ったら… 原因は尊氏だった
という衝撃の案件がありますので
今からお茶飲んで心を落ち着けておいて下さい。





この「重厄」祈祷の一件でも
あんだけ嫌がってたのに
尊氏の自筆祈祷目録であえなく服してしまったように
直義は最初から最後まで
徹底して尊重していました。

それから前回の「直義の年齢(その1)」で少し触れましたが
直義の養子というと
ちょと立場が特殊な直冬だけが有名ですが
(※直冬が直義の養子となったのは、おそらく少年期以降
 一般には、尊氏の同意が無かったとされる(が…))
しかし、もともと尊氏は
なかなか子供が出来ない弟のために
ごく幼少期から、基氏だけでなく女の子まで養子に出していた
というのは、二人の肉親としての深い繋がりを示す
注目の事実です。



つまり…
直義がより自分を優先するような事は本来有り得ず
尊氏もいつもはひたすら甘いのに、安危に関わる時だけは厳しい。
幕政の支配権なんぞでひびが入るような関係の兄弟では無い訳です。
(それは、何も知らない他者の安易な誤解です。)




まあ、直義に関しては
『観応の擾乱』最中での
観応元年(1350)から観応2年(1351)早春にかけての戦で
尊氏派に大勝したのに、尊氏を完全ノーペナルティで許した
…それどころか
懇(ねんご)ろな饗応(=酒宴でおもてなし)で大歓迎したw
という不思議な事実があって
(ただしこれは、この戦の真相を知れば当然…というか
 許す許さないの問題ですらないのですが。
 ちなみに「夏休みの宿題(その4)」中盤余談で話した戦の事です)
この一件から

 「直義心から慕っていた

との解釈を導いている論説はわりと多いのですが
(…ただし「にも関わらず尊氏は、その次の戦で勝った時
 直義を許さず毒殺したので冷酷」と続くものが大半ですが)
実は他にも
これを上回る "直義従順エピソード" があって
これがまた…w



これは、史料自体は
知っている人は知っている…くらいの知名度の
文化方面のもの(しかも錚々たるメンバーの一級品)で
今の所、これに考察を加えた優良論文が2つほど
ただし全容解明はされていないので、私もそれらを参考に
この "詩" の意味&背景をうんうん考えていたら―――
初めは感動に堪えなかったのですが、最後のオチで茶ぁ噴いた。

 世の中に、こんなに可愛い弟がいていいのだろうか??

って内容だったからwww
もう、泣いていいのか笑っていいのか分からない (´;ω;`)ww

(直義はあまりに真面目過ぎて
 一周回って面白くなってしまっている
 というのが、私が極度に直義好きである理由の一つです。)




おそらく、あれに気付いた人間はまだ誰もいまい… しめしめ
(たぶんw わりとかなり難解なカラクリなので。
 詳細は例の如く後日ですみません。)

それにしても
なんでここまで??…と思わずにはいられない従順さなのですが
私は初め、直義の性格から察するに
「長幼の序」をあくまでも厳密に遵守、という
"礼節" の一環なのかなー
と思っていたのですが
それにしてはちょっと度を越えているんですよ。
理屈じゃ説明付かないこの愛着の正体は一体…
そこで思った。 ピコーン
子供の頃、相当尊氏に可愛がられたのではないかとw




一般に、武家の兄弟と言うと
育った場所が別だったり、兄弟が多かったり
あるいは乱世の為に安住が叶わない、という環境に育ったりで
なんとなく "疎遠" なイメージが強いかと思います。

例えば、鎌倉幕府の初代源頼朝のように
多兄弟で、幼少時に『平治の乱』を失い
残りは流罪出家隠遁で兄弟ばらばら
そのまま20年の年月を過ごし
治承の挙兵、いわゆる『源平合戦』では
心を共にしつつも、それぞれの地に戦いそれぞれに討死し別れて行く
…という悲し過ぎる境遇が良い例です。 (´;ω;`)ウッ…


しかし、尊氏直義の場合はと言うと…かなり状況が違うのですよ。
子供の頃は、大きな戦が起こる事も無く
鎌倉でごく平穏な日々を過ごしていた訳で
(もちろん、"大人の世界" では
 神経すり減らす毎日だったでしょうがw)
北条一族が仕切る幕府の中で上手く生き残る為に
足利家と他の一門家臣達は団結していたでしょうから
彼らの子弟達も、極めて良好なほのぼの関係だったと思われます。
(これは、倒幕挙兵以降の強い結束力に表れています。)



そして、歳の離れた異母兄の高義(尊氏の8歳上)の他は
たった二人の兄弟で
しかも高義は、尊氏13歳・直義11歳の時に早世。
さらに―――
ここで、将軍となってからの尊氏の世評を思い起こして欲しいのですが
敵すら我が子という寛大さで
慈悲の深さは果てしなく
人の嘆き無しに天下が治まる事が本望(『梅松論』)
という
老若男女あらゆる人々を "愛さずにはいられない"
天下丸ごと溺愛将軍だった訳ですが
しかしそんな将軍尊氏も…
ごく幼少の砌(みぎり)は
自分より小さくて弱くて守れるものって、弟だけだったのですよ。

つまり、子供の頃の直義は
のちに天下に椀飯振舞される事になる尊氏の無尽蔵な愛情

 たった一人で一身に受けていた

という事になります。




そろそろ☆.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆まとめよ〜〜!!!!!




という訳で、ここでようやく
前回の「直義の年齢(その1)」で予告した

 「年子より2歳違いくらいの方がネタ的においしい

という私の妄想研究成果が生きて来る訳です。
1歳違いだと、あまり兄弟の差って実感出来ないのですが
子供の頃の2歳違いはかなり大きいですから
の立場がいい感じに… はっきりする!!
これは間違いなくネタ的に (゚д゚)ウマーーー!!

という訳で
直義の年齢がめでたく最終確定した記念の一枚です。


尊氏直義


1308年、満年齢で尊氏3歳直義1歳の頃
…のつもり。

ちょっと妄想が過ぎるんじゃないのぉ〜??
と思われるかも知れませんが、だ、大丈夫です。


史実妄想主義の第一人者である私が
 (↑もっとすごい方いたらすみません)
去年のちょうど11月に、"直義の最期の謎" の一端に気付き
そこから『観応の擾乱』攻略冒険に旅立ってから1年
出発当初は躊躇(ためら)いのが遥かに大きかった "この結果"
確信が持てるようになりました。

真相と反する妄想というのは
その人物の気持ちを無視する事になってしまうので
私はどうしても出来ません。
だから必死に史料&文献を漁って史実を追究しています。


つまり "この結果" とは
幼少期のみならず、この関係が大人になっても変わらなかった
という事を意味する訳ですが
『観応の擾乱』の真っ只中
尊氏は実際、直義をどう思っていたか?…という事について
現代の解説ではほとんどが
敵意憎しみ冷たさで語っていますが
一応、直接言及している史料があって

「おなじ御兄弟ながらも、あはれなる御志どもにて…」(『難太平記』)
 (同じ兄弟でいながら、愛情深くいらっしゃったので…)


これはまあ、前後の文脈も重要な部分ではありますが
尊氏自身の発言をもとにした今川了俊の証言なのに
なぜか全く考慮されていない…
なぜ?ww でもこれ核心突いているんですよ、うん。



ちなみに尊氏は…可愛いものめっちゃ好きなんですがw
そうするとおそらく
ちっこい直義は、毎日ぐるぐるに可愛がられていたに違いない…
そりゃあ、尋常じゃない(なつ)き方するよなぁw ってゆう。






建武2年(1335)12月
一度は出家を決めた尊氏が一転
直義の救援に立ち上がった時の言葉

「若し頭殿命を落とさるる事あらば、我又存命無益也」(『梅松論』)

直義が死んじゃったら、俺生きてる意味ねぇぇーーーーー!!


(※頭殿…左馬頭殿(さまのかみどの)、つまり直義のこと。)
(※前後の事情は本サイト『2-2』「さよなら、俺らの聖地鎌倉」を。)


これは、当時の二人の強い絆を示す記録として有名であると共に
その後の決裂と毒殺という悲劇の結末から
結局は過去の、"消え去った愛情"
と捉えられていますが
しかし実際は―――
この言葉にこそ、すべての真実が凝縮されていると言ってよく
本当に、最初から最後まで何も変わる事はなかった、つまり…
 「尊氏は生涯、直義の為に生きていた」
あるいは
 「尊氏の人生の意味そのものだった」
とも言えるでしょう。



いやだから妄想が過ぎ…と思われそうですがw
でも本当に、すべての史料を繋ぎ合わせると
この結果が現れるのです。 (というか私が一番驚いたわw)
それに私はM式考察法の第一人者でもあるので
 (↑もっとすごい方いたらすみません)
これを認めるまでには、自分に反証を課し続けました。

(※M式考察法
 人間はほっとくと、都合の良い事実だけを拾い集めて
 自分の理想に添った結果を導いてしまいがちなので
 敢えて、理想とはの可能性を優先して検討する事で
 考察に穴が無いよう万全を期す苦行の一種。 私が考案した。)


もちろんこれは、ほのぼの兄弟愛…というより
宿命に近い愛なのですが
それに気付いて「室町創生期」の歴史を読み直すと…
これまでとは全く違う本当の物語が始まります。




【今日のまとめ】

直義、2コ下で、 (゚д゚)ウマーーー!!




posted by 本サイト管理人 at 00:58| Comment(0) | ★チラ裏観応日記

2015年11月29日

室町的鎌倉旅行記(その1)

(チラ裏シリーズ)

こんばんは、『チラ裏観応日記』です。

現在、引き続き本サイトの新コンテンツ『三、室町人物記』
挫けそうになりながら作成中なのですが
全然完成が見えなくて、蒼ざめて来たので
せめて心だけはぬくぬくしようと思い
本サイトのTOPページ「冬仕様」に更新しました。
背景の雪の結晶レースのブラシ素材は
いつものやつです。
クオリティ高過ぎでちっこい直義もご機嫌です。



という訳で、今日もブログはお茶濁し回で
『チラ裏 "外伝" 観応日記』をお送りします。
何が "外"(そと)かって…
なんと、私です!!
先月の事なんですが、鎌倉に行って参りました。


夏頃のブログ「暑中御見舞い申し上げます」
鎌倉『浄妙寺』の話をして
暑くて冒険とかマジ無理だから、まで待とう… とか言ったのは
実は単なるネタで(適当な事言って本当にすみませんでした)
行きたいなぁ〜とは思いつつも
別に計画を立てていた訳ではないのですが
しかし、秋が始まった頃にたまたま
10月18日まで開催している「鎌倉国宝館」の企画展で
めっちゃ見たいものが展示されている!
という事を知り
すっ飛んで行きました。



そんな訳で今回の室町的鎌倉旅行の攻略ルートは…

『鶴岡八幡宮』
 ↓
大蔵山『杉本寺』(すぎもとでら)
 ↓
功臣山『報国寺』(ほうこくじ)
 ↓
稲荷山『浄妙寺』(じょうみょうじ)
 ↓
『鶴岡八幡宮』「鎌倉国宝館」


な、なんて室町マニアにとって贅沢極まりない行程!!


(ちなみに、3年前に鎌倉に行った時は
 『長寿寺』(鎌倉の尊氏の菩提寺)
 『浄光明寺』直義との関連いっぱい)
 『瑞泉寺』夢窓国師、それと足利基氏の思い出たくさん)

 を回ったので、今回はお預けです。
 でも、あの頃はまだ尊氏直義にはまりたて初心者だったから
 また行きたい… )



さて、それでは出発です。
…(中略)…
鎌倉に着きました。 わーい!!


鎌倉駅


10月半ばで、まだ紅葉には早いからいいかな〜と思ったのですが
やっぱり混み混みです。
というか、のはずなのにみたいに晴れた日で景色が綺麗でした。


何はともあれ、まずは『鶴岡八幡宮』に参拝です。
室町好きが高じて、すっかり八幡様マニアになってしまったので
うきうきです。
『鶴岡八幡宮』への参道である「段葛」(だんかずら)を通って…
と思ったら
工事中でした (´;ω;`)ブワッ

どうやら来年の春まで整備中らしい。
ふっ、まあいいか。
…(中略)…
『鶴岡八幡宮』に着きました。 わーい!!


鶴岡八幡宮

境内を奥に進んで行くと…

鶴岡八幡宮


途中、結婚式の行列に擦れ違ったり
さらに本殿の手前では…
小笠原流弓の実演が行われていました。


鶴岡八幡宮で弓術


鶴岡八幡宮で弓術


鶴岡八幡宮で弓術


おお!これは参考資料に有り難い。

(※人物写真を掲載するのは失礼な気もするのですが
 判別出来ない程度に配慮しましたので
 伝統文化の紹介の為にどうぞお許し下さい m(_ _)m )




ところで、ここでちょっと装束の話を。
写真の方達が着ているのは中世武士の正装「直垂」(ひたたれ)ですが
「直垂」の「胸紐」(むなひも)の付け根は
一般にハート型の装飾的な形状となっています。(下図の写真)
しかし、私はいつもふつーの紐として描いている…(下図



直垂胸紐

(※「胸紐」は通常、前でリボン結びするものですが
 左の写真のように、動作の邪魔にならないよう
 袴の帯に挟む場合があります。)



これは別に、描くの面倒くさいから…なのではなくて
「胸紐」の付け根がこのような形状になったのは
どうやら中世より後の時代のようで
室町時代の肖像画を見ると
シンプルに襟の部分から出ているだけなのです。

参考までに…

足利義教

(※足利義教画像(妙興寺所蔵)
 【川岡勉『人物叢書新装版 山名宗全』(吉川弘文館)2009】
 …の、p.21から引用)



こんな所で6代目将軍足利義教がw

そんな訳で、私はいつもふつーの紐で描いていますが
決して、めんどいから手抜き…していたのではなく
時代考証の結果であった、という弁解でした。
…でも「菊綴」(きくとじ)はほとんど省略してる、めんどいからw

(※菊綴…直垂の縫い合わせの数箇所(背中)に
 補強装飾を兼ねて付けられている "もの字" の紐飾り。)



さて、さらに弓の隣では…
本殿前の「舞殿」挙式がまさに始まるところで
(左から順に…)
(しょう)篳篥(ひちりき)龍笛(りゅうてき)雅楽隊
演奏しながら登場です。


笙、篳篥、龍笛

(装束は同じく「直垂」です。)


おおう! これは貴重な遭遇!!
なぜって…
「笙」といえば――― 尊氏だからです!!


意味不明な特技を色々と持ち合わせている将軍ですが
「笙」が吹けるとか…
音楽方面まで抜かり無しですよ。
もちろん、人前で余裕で演奏出来る腕前なのですが
それどころじゃなくて
尊氏の時代における笙の最秘曲「陵王荒序」を相伝している
つまり "皆伝" している
という、本物のプロなのです。

って、なんだそれwww
もう、尊氏さん引き出し多過ぎで付いて行けないww


まあでも、お茶吹いてる場合じゃなくて
この「尊氏の笙関連エピソード」
かなり深い話を秘めた歴史的 超 重要案件だったりする訳で
既に「尊氏の笙」に注目した興味深い論文がいくつかあって
素晴らしい示唆を与えてくれていますが
ただ、尊氏にとっての笙の意味については
未だ最終的な核心には至っていないようです。
というのも…
これは、尊氏の性格をかなり正しく把握しないと
正確な答えが得られない問題なので。

(※当時、楽器というのは非常に高い教養の代表格であり
 それと同時に、朝家における「琵琶」のように
 象徴権威と不可分に結びついた存在でもありました。
 この事から、尊氏もまた
  「自身の権威付けの為に笙を学んだ」
 という意見が現時点では多いようですが、しかし… )



基本的に
 「尊氏は将軍の座 "積極的に" 狙っていた」
とか
 「将軍としての自分の権威を高める為に
  "示威行為" "喧伝" を自ら進んで計画した」

という誤解をしているといけません。
尊氏は、そんな安物っぽい(失礼w)存在ではないのです。


普通の人間の発想だと
 将軍の座は誰もが好んで望むものだ」
と思うだろうし
 他を蹴落して将軍の座を手に入れた者は
  自分を圧倒的な存在に見せる為に、虚栄を最大限 "演出" するだろう
  (覇者が考える事はみな同じ)」

と思うのが一般論だと思いますが
しかし…
これは尊氏には全く以て当て嵌まらないのです。

(そもそも尊氏
 覇道に走る覇者ではなくて、王道を目指した王者です。
 王道覇道については…
 本サイト『2-9』「愛読書は、『六韜』『三略』」を。
 尊氏(&直義)の王道志向については
 その言動や諸政策から明らかですが
 直接的な史料的証拠なら…
 『2-4』「始まった場所」の『等持寺』の開建理由を。)



つまり、どういう事かと言うと
(かなり衝撃の事実ですが)本当の尊氏というのは…
将軍になりたくなかったんですよ。
これはもちろん
 「別に望んでなかったけど、なっちゃったならまあいっか☆」
…程度のものではなくて
ある理由により「どうしてもなりたくなかった」
しかし同時に「ならなければならない事も知っていた」

という、それくらいの重過ぎる話です。
(その理由というのは…
 実はここに、直義の秘密(ただし本人は何も知らない)
 が関わって来るのです。)



そしてまた、自分を権威付ける必要なんて無かったんですよ。
(これはなぜかと言うと… そんな事しなくても
 尊氏は初めから "本物" だったから。)

「(この将軍は)人々に仰ぎ見てもらおうなどとは思っていない
 人々の方から、自然と仰ぎ見られる存在なのだ」


…とは
夢窓国師による、尊氏の人柄を詠った漢詩の言葉ですが
(※この漢詩について詳しくはまた後日。
 参照は…【柳田聖山『日本の禅語録 7 夢窓』(講談社)1977】
 または【柳田聖山『禅入門 5 夢窓』(講談社)1994】)

この言葉にある通り
尊氏は…

虚栄で飾るという事をしなかった」(その意図必要も無かった)

というのが歴史的事実です。

「笙」の他にも
 "尊氏の権威付け" と捉えられている事例がいくつかありますが
 それらもみな、別の観点から再考すると本当の理由が見えて来ます。)



つまり…
初めから誰も適う者の無い、なるべくしてなった天性の将軍
足利尊氏という人であり
その "天性" とは―――

 "本当の意味で" 天性だった

というのが尊氏最大の秘密です。


尊氏の言動には、時に
未来に対して非常に後ろ向きな所があるのですが
出家を望んだり、和歌だけがこの世の望み…とか悟ってみたり
 躊躇(ためら)いも無くすぐ自害しようとしたり、とかw)

これまで
躁鬱の "鬱" だと時空診断されて片付けられていたこの傾向も
実は、「選ばれし者」であるが故のだったのです。

(※時空診断…時空を隔てた人物に診断を下すエスパー医療行為。)


「本物」が背負うもの、その目に映る未来というのは
目を背けたくなるくらい重いものだったという事です。
それでも表面明るく振舞っていた(というかアホ面気取ってたw)から
真相を知るほど泣けて仕方ないのですよ、尊氏は。
もうなんて (´;ω;`) ナキワロス将軍なの…



…と言っても、もちろん以上は
室町好きだから尊氏を過大評価している…訳では決してなく
私は基本が超絶直義ファンなので
尊氏に対してはむしろ、マイナスから入ったくらいですが
それでこの結果ですよ。 もうこの将軍どうなってんのよwww

日本の歴史上
天下を取った覇者や、政権を握った権力者は数いますが
正直、それらとは全く比較にならない存在です。

 尊氏だけは、本気で次元が違う

というのが、実は "日本史の" 最大の秘密です。




あらやだ☆.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆ネタバレが過ぎたわ〜〜




てゆうか、気を抜いたらまた尊氏語りが始まってしまったw
鎌倉旅行中だったのを忘れてた、いかんいかん。


まあそんな訳で、
さらっと、衝撃の事実ももらしてしまいましたが
この "尊氏の笙ネタ" がなぜ重要かと言うと
これまた『観応の擾乱』の真相に絡んで来るからです。
尊氏は自分のの技術を
直義亡き後の1年半ほどの期間に)
尊氏の実子かつ直義の猶子初代鎌倉公方となる
足利基氏に継承するのですが
 「なぜ基氏に(そしてその時期に)託したのか?」
というその本当の理由こそ
『観応の擾乱』の解明によって初めて解ける秘話であり、かつ
尊氏の心の奥を映し出した、"決意" そのものなのです。




ま、だんだんややこしい話になって来ましたが
「尊氏と笙」については一言で言えば…

 「尊氏にとってのとは、泰平を叶えてくれる楽器だった」

これでOKです。



ちなみに「笙」
その形状が、鳳凰が翼を休めている姿に似ている、あるいは
鳳凰の鳴き声を模して作ったという伝説から
「鳳笙」(ほうしょう)という美称を持つ管楽器です。
 (それ故、「天の声」を表しているとも言われる。)

そして「篳篥」は縦笛、「龍笛」は横笛で
雅楽ではこれらの管楽器が合奏の主旋律を担います。
(特に篳篥。 笙はむしろ
 「合竹」(あいたけ)と呼ばれる和音によって
 全体を包み込むような広がりのある音を奏で
 合奏の背景となる楽器で、また
 笙の音は、音律の絶対的な基準となり
 他の管弦楽器の音を調整する際も、が基準音とされます。)


その他、雅楽で用いられる基本的な楽器には
弦楽器である「琵琶」(びわ)
「箏」(そう)あるいは「和琴」(わごん)
打楽器である「鞨鼓」(かっこ)「太鼓」などがあります。


以上の知識は、「室町創生期」の『観応の擾乱』"以前" の
ほのぼの時代のエピソードに関連してくるので
覚えておいて下さい。
ちなみに…直義も関わって来ますw  Σ(゚Д゚;)!!!??



(みながそれを基準とし
 広げた鳳凰の翼のように
 すべてを包容する「天の音」を奏でる「笙」という楽器は
 なんか、将軍尊氏の存在そのものに重なる…
 と思うのは私の妄想かも知れませんが
 人知れず苦悩を抱えていた尊氏にとって
 "毎月25日"
 みんなが一つにまとまる泰平の瞬間
 この上ない安らぎを感じられる幸せの瞬間だったようです。)




ありし日の .:*☆.*:.。゚(´;ω;`) ゚・*:.。.:*☆*:. 泰平




さて、本殿にたどり着く前に
色んな遭遇を楽しんでしまいましたが
いよいよ、大銀杏 "若木" の成長を眺めつつ大石段を上り…
(※大銀杏についてはブログ「南無!八幡大菩薩!!」の冒頭を)
本日一回目の参拝です。

  南無八幡大菩薩!!

後は、気になる摂社に2つほどお参り…してたら
おお!こんな所に二つ引両が!!


白旗神社

『白旗神社』の御賽銭箱)

か、かわいいw

ちなみに、『白旗神社』とは
初代鎌倉将軍源頼朝を祀る社ですが
現在ここでは、3代目源実朝(さねとも)も共に祀られています。
(※ "白旗" とはもちろん、源氏の白旗のこと。
 八幡宮境内を出て少し北東の「源頼朝のお墓」の手前にも
 同名の神社があります。)



鎌倉幕府の源氏将軍、頼朝、頼家、実朝については
三代で途切れてしまった悲運がなんとも遣り切れませんが
特に、2代目源頼家3代目源実朝(※頼朝の子で同母兄弟)の最期は…
うーーーーん
と、誰もが絶句する陰謀度合い。


2代目頼家については
独裁に走ったから排除された」とか伝わっていますが
あれ常識的に考えて酷い誇張ですよね。(ややイラ)
どう見ても御家人北条の政争であって
頼家父頼朝の後を継いでたった3か月後に合議制が敷かれた
というのは
(独裁する間も無く)先手が打たれたって事な訳で
頼家勢力北条に都合悪かったから
失脚・幽閉・暗殺…とかいう徹底振りで消したのだろうし。
頼家の政治に問題があったのなら、伊豆幽閉だけで十分だろうに…)

それから、3代目実朝を暗殺した公暁(※2代目頼家の子)は
叔父実朝は、殺された父頼家の仇」だと信じて行動し
しかし直後に公暁(くぎょう)も討たれてしまう訳ですが
「公暁は次期将軍の座を狙っていた」とか『吾妻鏡』にはあるけど
そんな計画性のあった行動とはとても思えず
これも、実朝を消す為に
公暁の純心を利用した上、口封じで葬った黒幕がいた訳で
実朝はもちろん、公暁も本当に可哀相過ぎる。(もろイラ)

その上、2代目頼家の他の男子3人(つまり公暁の兄弟)もみな
権力抗争に巻き込まれて非業の死を遂げる訳ですよ。
政敵排除の為なら、血の繋がった(あるいは)でさえ
こんなにも淡々と犠牲に出来るのか…
(※北条は源頼朝の外戚。 頼家実朝の実母が北条○子
 その弟が執権北条義時、この姉弟の父が執権北条時政。)





…というか
実朝を討ち、そのを持って逃走したはずの公暁
同日中に討たれているのに
 「実朝の首だけは見つからなかった」
というのは不自然過ぎる。
そもそも、武士層に大した味方も無い僧侶公暁
雪の夜に、『鶴岡八幡宮』での右大臣拝賀の行列の中
将軍暗殺を簡単に成功させるって…
しかも、犯行は石段の "下" で行われたのに
いつの間にか公暁石段の "上" に移動してて
自ら名乗りを上げ「父の敵を討った!」と悠々と宣言
そしてを持って華麗に逃走って…
参列者行列を成している石段を?
 どうやってを抱えて駆け上る?
 なぜ逃げる前に、正体居場所をわざわざ知らせる?
 それなのになぜ簡単に逃げられる?
 あるいは、この『吾妻鏡』の記述は
 「石段上での "宣言後" に駆け下りて犯行」とも読めるが
 それでは益々人間業ではなくなってしまう… )



話が出来過ぎ、怪しいにも程がある。
(さらに怪しいのは、当日不自然な欠席をした北条義時
 しかも、自分の代わりに参列させた源仲章がなぜか犠牲に…
 「源仲章は、北条義時と間違われて暗殺された」
 との説があるが無理がある、どう見ても初めから標的…)

この演出し過ぎたシナリオ
これはごく当たり前に考えれば―――

 真犯人は公暁に変装した "複数"
 一人は石段の "下" 実朝を暗殺
 仲間が周囲を撹乱する中、首を持ってすぐさま逃走
 一人は石段の "上" から公暁の名を叫んで逃走
 また別の一人が、他の場所にいた(何も知らない)公暁を討ち取り
 「公暁の意図は父の仇討ち&将軍職狙い」だと話をでっち上げる。
 すべての罪を着せて犯人に仕立た公暁を葬り、真相と化す
 という描き過ぎた筋書き―――


…って可能性が一番高い訳ですよ!! (激イラ)


(「公暁が持って逃走した」と見せかけるため確保した実朝の首
 「公暁討伐時に発見」と演出できなかったのは
 意思疎通に齟齬があったか?
 それとも、"主犯者"
 共犯者の裏切りを封じる為(あるいは忠誠を試す為)に
 わざと証拠を抱え込ませたか?
 (実朝の首塚が、鎌倉から不自然なほど離れた地に存在する理由は
  失敗による隠匿か? 共犯者への呪縛か? )
 いずれにしろ
 完全犯罪に泥を塗る大失態だよ、残念だったな、フフ… )



じゃあ真の主犯者は?といえば、こういう事件は
「結果的に誰が一番得をしたか」で考えれば答えは簡単…



(※ちなみに、「三浦義村黒幕説」とかありますが
 どう見ても三浦義村は生涯一貫して北条義時与党です。
 つまり、動くなら北条義時の指示通りに動くでしょう。
 (なお、実朝首塚を供養したのは三浦義村の家臣…)
 それから、「後鳥羽上皇」とかいう説は有り得ません。
 実朝と良好な関係にあった後鳥羽上皇
 この件で最も不利益を被った一人です。
 この事件では上述のように
 実朝と同時に源仲章も暗殺されているのですが
 二人の共通点は、京都の朝廷と深い関係にあったという事。
 つまり…  )




…とか考え出すとピキピキして来てしまうので
この辺にしておこう。 ふう。
まあ、私は鎌倉時代の事にはまるで詳しくないのでw
あまり偉そうな事は言えないのですが
ただ、武家の歴史…もっと言うと「武家源氏の歴史」について
最近考える事があって
もしかして、壮大な流れで見た場合
この鎌倉幕府初期の凄惨な歴史も
予定されていた避けられない "定め" だったのかも知れない
だとしたら
無闇に誰かを責めるのは、間違った正義感かもなぁ
…と
一方ではそんな風にも思えてしまう様になったのですが
これも「室町創生期」の
とある "不思議な将軍" 秘密のせいだったりします。


(ちなみに、北条時政と義時の次代の北条泰時は素晴らしいと思う。
 てゆうか、泰時がいたから北条の名は持ち直した、と思うw )






さて、実朝暗殺の舞台となったのは
当時、実朝の右大臣拝賀が行われていた『鶴岡八幡宮』
健保7年(1219)正月27日の出来事です。

御神木の「大銀杏」
公暁の "隠れ銀杏" の伝説が残るのはこの為ですが
 (ちなみに公暁は当時、鶴岡八幡宮別当でした)
ブログ「南無!八幡大菩薩!!」の最後でつぶやいたように
大銀杏は倒れてしまったけれど
もう "隠れる場所" は無くなって
すべての物事が明らかになって行く時代が訪れたのなら
せめて公暁の汚名は晴れて欲しいなぁ…と期待したいです。

 「大銀杏に隠れていたのは、公暁じゃなかったんだ」

あと3年、800年の時を迎えるまでにはきっと。


大銀杏

(現在、大石段の脇に、だけ残るかつての大銀杏
 右奥には、注連縄に囲まれた若木がすくすく成長中です。)






ところで
源頼朝の家紋って、実ははっきり分かっていないようなのですが
 (笹竜胆(ささりんどう)というのは、後世の説らしい)
『白旗神社』の御賽銭箱に足利家二つ引両…なのは、はて?
「奉納」ってあるから、足利さん関連の禅寺とかからだろうか?
うん、まあかわいいからいっか。

白旗神社

『白旗神社』遠景。(夕方に撮影したもの))


『鶴岡八幡宮』は、本殿の参拝者はとても多いのですが
少し脇に逸れると途端にひっそりします。
静寂に包まれた瞬間、そこには
鎌倉室町が相互リンクする異空間の扉が… 出現しません別に。




さて、なんか好き勝手話していたら
長くなり過ぎました。
続きは「室町的鎌倉旅行記(その2)」に、という事で
今日はここまで。
てゆうか、まだ『鶴岡八幡宮』しか終わってない
一体私はどんな余計な話をしまくっているんだ…


まあでも、鎌倉時代の「源氏の話」…というか
源義家以来の「武家源氏の話」
室町のなぞなぞ将軍尊氏さんの全容解明の為には
必要不可欠な要素ですので
頑張って聞いて下さい。

数え54歳の生涯のみの研究では
決して解明出来ない正体不明将軍、それが我らが尊氏さんです。
全国の(数少ない)室町ファン大歓喜、わーい!!

って、私はなんて厄介な将軍に興味を持ってしまったんだ…



posted by 本サイト管理人 at 01:27| Comment(0) | ★チラ裏観応日記