2014年04月03日

足利尊氏と足利直義

(チラ裏シリーズ)

あーさて、このブログは本サイト『戦国黎明記』への
コメントの場として用意したのですが
本サイトがまるでβ版状態なので、その間に合わせとして
ここで「チラ裏シリーズ」を展開することにしました。

では早速、プロト『三、室町人物記』としての『チラ裏人物記』
第一弾はもちろん、室町幕府の創始者、足利尊氏足利直義です。


足利直義     足利尊氏
(2015.3.9リメイク)


ビジュアルにつきましては
確かな史料を元に考察した史実の人物像に基づいて
割と真面目に妄想していますので、ご安心下さい。

ま、写真の無い時代の人物の "本当の容姿" を知る事は不可能ですが
ただ、尊氏は結構、肖像画や木像が残っていて
特に、京都『等持院』の木像や、尾道『浄土寺』の肖像画
当時の面影をよく留めていると思います。
この人は、確実に史実でたれ目のおっさんですよ。間違いない。


直義の方は残念ながら、その姿を伝えるものは残っていないのですが…
…と、ずっと思われてきたのですが、
実は最近になって、最も有名なあの画が…
あの、肖像画の最高傑作ともいえる凛々しい武士のその本当のモデルが…

   直義かもしれない!!

という隠された事実が明らかになって来ました。おお!
…と言っても
まだ完全にその説が浸透した訳では無く、反対意見も無い事はないのですが
ただしこの説は
よくある「流行りの定説否定」とか「逆説カッコイイ☆」 の類で無い事だけは
断言しておきます。
きちんとした実証的な考察を重ねた、信憑性の高い学説なのですが…
まあ、今はこの辺で止めておきます。
 (うん、まあそのなんだ、ヒントは…神護寺三像…)


まあしかし、この肖像画一つ取ってみても
なんで足利将軍はこんなにも
歴史の中に忘れられた存在になってしまったのだろう、と思う。
室町幕府創設時に掲げられた『建武式目』
天下泰平を願ってやまなかった尊氏直義の諸政策を見れば
彼らがどんなに人々を愛していた将軍だったか
すぐに分かりそうなものなのに。

特に直義は、日本の美学を詰め込んだような最高の武士です。
直義を生み出した足利家は日本の栄誉だと思う。(あ、尊氏ごめんw)

(…と、これまでは
 その不可解さから(それから、私が直義好きなのもあって)
 やや尊氏を、正しく理解&評価出来ていなかったのですが
 最近、実は尊氏こそ
 常人の想像を超えた、奇跡的な将軍であるという事に気付いてしまいました。
 (もちろん、直義の素晴らしさには変わりはないがw)
 これまで謎に埋もれていた迷宮将軍尊氏の真相については
 なるべく近いうちに披露したいと思っています。
 ―――2014.11.28追記 )



尊氏直義という「二人の将軍」、そしてそこから始まった「室町」
これまで一番誤解されてきた幕府ですが
今一番思い出して欲しい本当の時代であり
これから永遠に誇れる本物の将軍です。
どうか真実が広まって欲しい、そればかり考えています。


ところで、尊氏直義のような人物がこの時代に生まれたのには
実は理由があるようなのですが…
 (ピンポーン)
おや、こんな時間に誰だろう?………



posted by 本サイト管理人 at 23:46| Comment(0) | ★チラ裏人物記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: