2014年04月07日

足利三兄弟

(チラ裏シリーズ)

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
この将軍御用達「天野酒」はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、伊豆堀越の空を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした室町の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、足利成氏討伐をお願いしたんだ。

じゃあ、反省会を始めようか、兄さん。       義政




…という訳で今日は
 「また騙されて関東に飛ばされて来た訳だが」
足利政知(まさとも)です。
 (※ちなみに上記の元ネタは「バーボンハウス」で検索!)

足利政知
(※2015.5.7リメイク)

政知義視と同様、義政のアホ政策の被害者ですが
(※政知については、今のところ本サイト『2-6』の真ん中辺と
 『2-10』の真ん中よりちょい上辺りに登場しています)
しかし彼は
文句も言わずに真面目に堀越公方としての職務を全うします。
なんたって、23歳まで天龍寺の香厳院で門主をしてた還俗公方ですから
徳が高くない訳があろうはずがないに違いない!

( ※「天龍寺、夢窓国師、足利尊氏、足利直義」のキーワードは
 室町の超重要チェックポイントです。 忘れずにいて下さい。)


ただし、義政義政
結果的にとは言え、兄弟を還俗バーボン送りにしてしまった事を申し訳なく思っていたようで
政知義視の子息の面倒をよく見ているのです。

(政知の子を天龍寺
 義視の子を慈照寺(銀閣寺)に入寺させています。
 ただし、この優しさが後に裏目に出る…のですが。
 なんてこったw
 しかも、両者とも『明応の政変』に関わってくる、ってゆう。)

まあ、詳しくは本サイトの方で訳を述べますが
政知は○○家の○○と結託して京都の公方の座を狙ってなんかいません。
彼らに降りかかる運命は冷たかったけれど
彼らはそれぞれに兄弟を信頼していたのです。




ところで、政知
義政
が生まれる前年(正確には約半年前)に生まれた異母兄なのですが
と誤解されていることがあります。
(…例えば、当時の記録では『大乗院日記目録』が
 『碧山日録』がとしている。)
これはなぜかと言うと
実は、数え年では、政知と義政は "同い年" になってしまう
と言うカラクリのせいなのです。


「数え年」とは、生まれた年を1歳として
以後(誕生日ではなく)年の初めに年齢を加算していく数え方ですが
当時は "旧暦の1月1日" ではなく
"立春" に歳をとるとされていたようです。
…つまり
太陰太陽暦に基づく旧暦の1月1日と、十二節気に基づく立春
どちらを「年の初め」と見るか?
と言う話ですが
両者には微妙なずれがあり
立春が、1月1日の前後どちらに来るかは、年によって異なります。

  年の内に 春は来にけり 一年(ひととせ)を
     去年(こぞ)とや言はむ 今年とや言はむ


これは『古今和歌集』の最初の一首ですが
1月1日より "前" に立春が来た年の年末に

 「あー春来ちゃったよ、まだ年明けてないけど
  この一年はじゃあ去年なの? それともまだ今年なの?
  どっちなの!!」

という
割とどうでもいいけど気になってしょうがない感を詠った歌です。



…さて以上を踏まえて
政知は永享7年(1435)7月12日生まれで、この時点で1歳
義政は永享8年(1436)1月2日生まれで、この時点で1歳
しかしこの年は、7日後の1月9日が立春だったので
しかしこの永享8年の暦では、9日後の1月11日が立春だったので
(※永享8年1月9日は "正確な" 立春でした。当時の暦では1月11日との認識です。
 すみません。―――2018.2.23訂正 )

この時点で2人は同時に2歳となります。
つまり、(太陰太陽暦に基づく)生まれ年は違うのに
立春の関係で、年齢からすると同じ永享7年生まれになってしまい
「1月2日生まれの義政が兄、7月12日生まれの政知が弟」
という誤解が生じたという訳です。

(※母の身分差から、兄なのに弟とれていた
 …とする解釈がありますが、そうではありません。
 ちなみに、義政の母も正室ではなく側室です。)



という訳で、本サイトの方でも
政知にはしっかり「足利三兄弟」の長兄として活躍してもらいます。
義政が兄じゃ、頼りないしww
(もちろん、登場しないだけで義教の子息はもっといますが。)

まあややこしい話ですが、義政の年齢については
実質永享7年(1435)生まれとして計算するとらくちんです。




それにしても、生まれて一週間9日で2歳ってw
しかもこの年は、さらに12月20日22日も立春だったので
(※12月20日は正確な立春でした。訂正 m(_ _)m )
義政はなんと、生まれた年に既に3歳となったのです!
だから、俗に「三歳若君」と言われてて
しかも幼名が「三春」ってゆう。
(読みは "みはる" か "さんはる" か知らんけど
 個人的には後者を支持します。 なんかおもろいからw)


まあちょっと笑ってしまいそうな話ではありますが
当時、公方公方の子息に目出度い事があるってのは、大変な吉兆でもありましたから
人々は大いに喜び合ったことでしょう。

現在、"将軍" つまり武士の頂点と言うと
「武力で勝ち取ったボス猿的地位」というイメージですが
室町の公方様というのは
それとはちょっと(いやかなり)違います。
なんちゅうか、基本的にみんなに愛されているのです。
よく、足利将軍家
武士のトップの割りに「権力基盤が弱い!」と言われますが
それは彼らの失策なのではなく
武力経済力で圧倒しなくても統治が可能だったからに他なりません。
みんなの支持を集める謎のへっぽこ公方様! …失礼。



しかしそれは逆に、公方に不吉な事があれば
人々は天下の災いを予感して恐怖することになる訳で
それが、これまた『明応の政変』の遠因になるのです。

ちなみに、上で紹介した和歌もまた
『明応の政変』の真相の一端を語ってくれることになるので
よく覚えておいて下さい。



…と、目出度い春の話が
『明応の政変』の闇で、暗雲立ち込めて来てしまった。
春の天気は変わり易くていけない。

ところで、義政天気で気分が変わったらしいですよ。
 (↑これ、一次史料(日記)の記述ww)
ま、「春に三日の晴れなし」って言うしね。
…ってそれ、三春ディスってんのかよ!!

室町幕府



posted by 本サイト管理人 at 23:52| Comment(0) | ★チラ裏人物記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: