2014年04月24日

義持状態

(チラ裏シリーズ)

こんばんは。
『チラ裏ウマー日記』では、本サイトのコンセプトを踏襲して
出来るだけ「室町や日本の宣伝になるもの」を取り上げたいと思います。

と言う訳で今日は
何でも美味しい京都の老舗和菓子屋、『鍵善良房』

鍵善良房

「鍵もち」です。

鍵もち

甘くて白いやわらかなおもちに、きな粉がまぶされた
もちもちふわふわな、昇天系和菓子です。

それでは、早速頂いてみます。 もぐもぐ

ウマーーー(゚д゚) もちウマーーーー!!
こ、これは、紛れもなく…義持状態!!
(※義持によるもち攻めについては
 本サイト『2-11』の最後の方の「偏諱」の話を参照して下さい)

この「鍵もち」、単なるきな粉もちではなく
もちでありながらふわふわという、不可能を可能にしたお菓子です。
全会一致で、室町公認の義持マークを授与したいと思います。
え、余計なお世話ですか?
まあ、私も薄々そんな気はしています。

しかし、しかしですよ。
京都はもっと、室町時代を思い出さないといけないと思います。
室町の、上品斬新高尚研ぎ澄まされた伝統
日本文化の頂(いただき)を見たそのクオリティ
もう一度呼び起こすべきだと思います。

   目を覚ましてくれ、京都の本気はそんなもんじゃない!

という訳で
もちもちしたもんには、片っ端から義持認定していきたいと思います。
「室町クオリティ推進運動」です。
おもちの神様も、嬉しそうです。

もちもち



posted by 本サイト管理人 at 23:58| Comment(0) | ★チラ裏ウマー日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: