2014年05月30日

斎藤利国

(チラ裏シリーズ)

こんばんは、今日の『チラ裏人物記』は
前回の持是院妙椿の跡取り、斎藤利国(としくに)です。
跡取りと言っても
妙椿は「パーティ組めども妻帯せず」の完全出家僧ですから
利国は養子で、実際は妙椿の兄利永の子
入道後の法名で「斎藤妙純」(みょうじゅん)としても知られている
妙椿の甥です。

斎藤利国

利国の生年は明らかではありませんが
正室の生年(1456)や、彼女が山名家臣垣屋の一族である事から
婚姻山名宗全存命中の文明5年(1473)以前だと思われ
しかも、今を時めく裏ボス妙椿の跡取りが
30過ぎまで独身…なんてこたぁ有り得ないだろう、という事で
1440年代後半生まれのもろ「応仁世代」と推定します。
(※「応仁世代」については
 当ブログの『伊予の国から2』『朝倉氏景』をどうぞ。)


という訳で、『応仁の乱』でも
養父の妙椿と同様、上洛こそしなかったものの
周辺国では武将として活躍していたようです。

(※伊勢国(←かつて土岐の本国だった)への
 利国ほか美濃勢の出陣は…『大日本史料』文明5年10月29日。
 尋尊によると
 「妙椿自身出陣、数万騎」って…。 数万、すーまん…)


まあ、妙椿の目立ちっぷりのせいでやや存在感薄めですが
利国も劣らず、「随分の弓取り」(by尋尊)であり
統率力もあるなかなか立派な人物で
文明12年(1480)に妙椿が他界した後も引き続き
美濃の斎藤家
『応仁の乱』から『明応の政変』にまたがる時期の
周辺国の旧西軍諸侯をまとめる中心的存在でありました。
もちろん、足利家 "義視" と言う求心力を抱えていたのも大いに影響しているのですが
それにしても、守護家の土岐シースルー感が半端ねぇ…。


しかし、何より特筆すべきは
美濃の斎藤家越前の朝倉家は、非常に関係が深い!
という事だったりします。
(非常に個人的な感想ですみません。)


ところで、「妙椿は、美濃国守護代だったのか?」
という問題ですが
利永没後は、宗家の家督は嫡男利藤が継ぎ
妙椿はその後見的立場だったようなのですが
その有能さと、主君土岐成頼からの信頼
そして、公方義政から直に命令を受ける立場とが相俟って
妙椿に始まる持是院家は、世間からはほぼ守護代と見做されていた
というのが現状だったかと。


まあ、利藤は、利国の実兄であり本来の守護代であるのに
謎なほど全く以て影が薄い訳ですが
しかし、妙椿没後に…
利藤利国の間で合戦が勃発してしまいます。
これは、利国養父妙椿の遺領8万石ほどを
守護の土岐成頼に返還したことに端を発したもので
結局、利藤方の敗北、隠居で終わります。
『大乗院寺社雑事記』には
美濃国に、即刻静謐が戻ったことへの安堵が、歓迎と共に記されていますが
守護土岐成頼の支持があり、家臣にも勇士の多い利国方に対して
利藤方はどう出たかと言うと―――
公方義政を味方につけようとしたそうだ。
この件で尋尊は(義政に対し)
 「また、礼物か! 自分の進退もままならないのに
  人の事に干渉してる場合じゃないだろ! もう!」

全力疾走で完全同意せずにはいられない意見を述べていますが
相変わらずな義政流され易さと、周りに群がる賄賂政治奸臣どもには
本当にうんざりします。
ああ、何で義視次期将軍にならなかったんだろう…

(ちなみに義政は、乱中の文明5年(1473)12月
 9歳の息子義尚に、将軍職を譲ってしまっています。
 この! 約束破りめ!!
 まあ、これは
 義政の御台の誹謗中傷賄賂兄妹の宿望なのでしょうが。
 …おっとすまない、本当のこと言い過ぎた。)


しかもこの時
旧西軍大名で、乱中は大いに妙椿に助けられた近江の六角高頼
なんと利藤方に味方したそうで
尋尊はその振る舞いを「以ての外、悪しく候」と批判しています。
ったく、どいつもこいつも!

(※この時期の六角の振る舞いは、本当に定見がありません。
 まあ、六角高頼自身の不誠実さなのか
 家臣を上手くまとめられなかっただけなのかは分かりませんが
 ホントかなり風見鶏的。
 子の六角定頼は名将だと思うんだけどなあ、うーんw)

(※以上、『大日本史料』文明12年8月27日)


まあ、この合戦はすぐ収束し、再び平穏が続くのですが
しかし、この対立の火種は『明応の政変』後
守護の土岐家の家督騒動が加わって
家臣のみならず
周辺諸国を巻き込んだ美濃の一大騒動『船田合戦』へと発展してしまいます。
そして、この対立の陰には
京都のクーデター政権側による
旧将軍親衛側の「勢力削減」の意図がありました。
(※斎藤利国と周辺の旧西軍諸侯が、旧将軍援護側です。)



さて、だんだんややこしくなってきたので
ここで美濃守護代斎藤家
『応仁の乱』から『明応の政変』の時期をクローズアップした
抜粋家系図を示しておきます。


斎藤家系図
(2015.8.26 改訂)


赤字が『応仁の乱』世代、青字が『明応の政変』世代
両者にまたがる利藤利国は、二色刷りとなっています。
点線は「養子」、二重線は「婚姻」です。


さて、ここで大注目は
利国の娘の「祥山禎公」(しょうざんていこう)です。
なぜなら彼女は…
朝倉孝景の孫(つまり氏景の子)で、教景(宗滴)の最初の主君
すなわち、「明応世代」の朝倉家当主、朝倉貞景の―――
なのです!
おお! にわかに気になってしょうがなくなって来ますね!!
え、来るよね?…ね?
彼女は、数少ない貴重な女の子キャラの一人という事もあって
私の中では全力贔屓対象です。
(※ちなみに最重要女の子キャラは、別にいます。
 楽しみにしていて下さい。)


当時の女性の実名は、記録に残る事が稀で
ほとんどが法名しか伝わらないのが残念ですが
「祥山禎公」の「祥」も「禎」も
「幸い、めでたいこと」と言う意味を持ち、"さち" と読むので
以後、彼女は「さっちゃん」でよろしくお願いします。

さて、もう一つ重要なのが、利国の正室でさっちゃんの母上の
「利貞尼」(りていに)(※これも法名)です。
彼女は上述したように、山名家臣の垣屋の出身で
『大乗院寺社雑事記』によると
公家の甘露寺親長養女になっていたそうですが
一説に、利貞尼一条兼良の娘とも
(※一条兼良は、尋尊の父上で
 妙椿と親交が深かった博学多彩な当代随一の学者。)
また、甘露寺親長の養女ではなく、親戚だという説もありますが
まあでも
妙椿利国、そしてさっちゃん公家社会での顔の広さから
いずれにしても、公家と関係の深い女性だったと思われます。

(ちなみに、妙椿には「細君がいた」という説もあるのですが…
 うーん、還俗した様子は無いので何かの間違いかとw
 あと、この斎藤家
 のちの戦国大名の斎藤道三とは、血縁的つながりはありません。)


という訳で
朝倉貞景斎藤利国婿である」という関係から
上述の『船田合戦』では、朝倉軍斎藤利国方として大活躍し
(「朝倉高名なり」by尋尊)
圧勝に近い勝ちを収め、優勢のまま終わるかに見えたのですが―――
しかし、しかし、この合戦の結末には…
利国の戦死が待っていたのです。 うう、さっちゃん&貞景ショックorz

これは
長引く戦況に、双方に厭戦気分が漂い、「和睦」が成立した後の事で
近江の寺院に布陣していた斎藤利国軍が、開陣したその直後
そこを狙って、六角方の馬借が襲い掛かってきたのです。
(※近江の馬借は、延暦寺の僧兵と同じく
 一揆を得意とする武装集団
 六角方馬借はこれ以前から出陣していたが
 動き出したのはこの時です。
 …『大乗院寺社雑事記』明応5年10月19日、12月10日、12日)

数万人とも言われる六角方馬借の急襲で
利国をはじめ、多くの一族(おそらく嫡男利親も)
そして家臣が多数自害
一瞬にして壊滅的な最期を迎えることになったのです。

……。
うーん、何とも後味が悪い展開。
これを、「合戦を続けてきた因果」と見るか
和睦を装っただまし討ちという「道なき戦いの卑怯さ」に嫌悪するかは
それぞれだと思いますが
これ以降、美濃は騒乱の絶えない地となって行きます。

土岐成頼は、乱中は西軍諸侯の主要な一人で
在国するようになった乱後も
斎藤持是院家共々、幕府とは関係も良く
そして斎藤家の代々の武将は
「民を治めてがあり、清廉とか器量の男」などと言われ
文芸にも秀で、分国に京文化をもたらしたように
立派な人物を輩出する武家であっただけに
正直、無念でなりません。



ところで、上述の利国の正室利貞尼
夫の戦死を期に尼となったそうですが
彼女は、現在の京都の『妙心寺』に、多大な功績を残します。
すなわち、『妙心寺』のために広大な土地を買い求め
寄進したのです。
これにより、その寺領は二倍ほどになったとか。
つまり、『妙心寺』が現在の規模になったのは、彼女の功徳によるのです。
そして、『妙心寺』と言えば実は…
私が全力で尊敬する花園天皇が、その離宮を禅院にしたことに始まる
「歴史」非常に深い寺院なのです。
さっちゃんのお母様、なんたるグッジョブ!!

利国の戦死という悲劇の悪縁
500年後の現在に繋がる善縁をもたらしたのだとしたら
それはもしかしたら―――
"良い事" なのかも知れない。

そういう訳で、上図の斎藤家系図には
特別に利国の正室、利貞尼を明記しているのです。



 物は否を終えず悪事転じて善事と成る。
  法は定相無し、逆縁却って順縁となることを。
  此れ其の禍福同源冤親一体なる所以の者なり」
 
 (すべての物事は、最終的に(ひ)では終わらない。
  は転じてとなる。
  この世の条理は定まった形を持たず、逆縁がかえって順縁となのは
  禍と幸せ、怨みと親しみは
  その生ずるところを同じくする、本来一つのものだからである。)




これは、室町幕府創生期夢窓国師の言葉です。
不可抗力の運命の中で逆臣となってしまった足利尊氏
そして足利直義
先帝後醍醐天皇の菩提を弔う為に
夢窓国師を開山として建立した禅院『天龍寺』
君臣の悲劇が、禅の教えを広め人々を教化する "善" に転じた」
そう言っているのです。

繰り返される戦乱
多くの犠牲が積まれてゆく現実の冷酷に対峙しながら
なお、それを "否" で終わらせまいともがく当時の人々の強さ
乱世の悲しみの中で見出す
未来への希望の眩しさが込められた言葉です。


夢窓国師の言葉は続きます。


 古来、兵革は世を乱し続けて来た。
 或いは王位を取り合い、或いは逆臣を誅し
 その一負一勝
 ただ(ごう)を重ね、怨みを増してゆくだけであった。
 (この『天龍寺』のように)悪縁を転じて善縁に変えた例は
 今日まで聞いたことが無い。



足利尊氏が、先帝の逆鱗に触れ逆臣とされていった切っ掛けが
佞臣の怨みによる讒言であった事
それゆえの戦であっても、彼らがその罪を強く悔いていた
そして、戦乱の終結太平の世を、痛いほど心から望んでいた事が
夢窓国師の言葉が語る「歴史の真実」です。

(※以上、より詳しく知りたい方は…
 【柳田聖山『日本の禅語録 第七巻「夢窓」』(講談社)1977】
 上記の言葉は「陞座」のごく一部と、その意訳です。)


室町幕府創立へと流れ着くことになった "時代の真相"
乱世に生きた人々が『天龍寺』に込めた "切実な願い" とが
当時のままの姿として現代に甦る時
この国は、本来の過去と、本当の未来を取り戻す事になると
そう予言します。


室町幕府、そして足利尊氏が受けた過去の非難は
凄惨な悪縁だったけれど

    「物は否を終えず」

この言葉を信じて、これから来るだろう善縁
ワクテカしていたいと思います。



posted by 本サイト管理人 at 04:20| Comment(0) | ★チラ裏人物記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: