2014年09月24日

チラ裏総目録「応仁世代」

(チラ裏シリーズ)

こんばんは、だいぶ間を開けてしまいました。
あまりに面目ないので
『チラ裏総目録』と題しまして
これまでの「チラ裏シリーズ」を時系列順に纏めてみました。
本サイト『二、室町幕府雑学記』(今のところ1〜12まで)
と合わせて、上から順に読んで頂ければ

 『応仁の乱』とは何だったのか?

が、大体分かるようになっております。
(※『明応の政変』フライング予備知識も盛り込んであります。
 所々どうでもいい話も入っています。すみません。)


――――――――――――


『室町幕府の前半戦――初代&6代目将軍』

足利尊氏と足利直義
足利義教

『室町幕府の後半戦――応仁世代』

足利義政と足利義視
足利三兄弟 【足利政知の話と、数え年のこと】
畠山義就と畠山政長 【政長の連歌発句】
大内政弘 【『新撰菟玖波集』の話】
伊勢貞藤 【室町の美学】
 伊予の国から 【伊予のブーメラン】
 義持状態 【室町は京都の本気】
伊勢貞親 【『為愚息教訓一札』(『伊勢貞親教訓』)の話】
伊勢貞宗 【『伊勢貞親教訓』に秘められたこと】
畠山政長と伊勢貞宗 【友達の話】
 伊予の国から2 【「応仁世代」と「明応世代」の親子関係】
慈視院光玖 【朝倉四兄弟】
朝倉景冬 【朝倉教景(宗滴)、強さの秘密】
朝倉経景 【『見聞諸家紋』と、伊勢新九郎盛時のこと少し】
朝倉氏景 【「応仁世代」と「明応世代」の具体例】
畠山義統 【西軍と『明応の政変』の関係】
畠山義統(続き)【畠山家の話】
 茶道のあの謎 【原点から考える日本文化】
 初瓜献上 【室町の武家故実の話】
持是院妙椿 【西から見る『応仁の乱』、天から見る『明応の政変』】
斎藤利国 【夢窓国師の言葉】
斯波義廉  【『応仁の乱』、朝倉孝景の真相】
斯波義廉(続き)【乱後の義廉、尾張時代の話】
斯波義廉(続きの続き)【渋川家の話】
山名宗全と細川勝元 【『応仁の乱』3フェーズ解説】
 晩夏の香り 【『応仁の乱』終結、西軍の「本意」の話】
畠山義就(その1)【途中からガンダムの話】
畠山義就(その2)【西軍ども腹ペコ&「王道アルゴリズム」のこと】
畠山義就(その3)【畠山政長のかわいそす物語】
畠山義就(その4)【乱後の後始末と、大内政弘「逆ドナされる」の巻】
畠山義就(その5)【義就の修羅人生ダイジェストと、金吾様の話】
畠山義就(その6)【寺社本所領の話と、『応仁の乱』後の西軍の功績】
南無!八幡大菩薩!! 【俺らのラスボスのお話&日本の神代史を少し】
源八幡太郎義家 【お盆の話とソルティ源氏と、足利尊氏・直義の伝説】
畠山義就(その7)【修羅と乱の話】
…もう少し続きます(2014.9.24現在)


――――――――――――


まあそれにしても、本命は『明応の政変』だと言うのに
『応仁の乱』だけでも伝えたい事が多過ぎてなかなか言葉が文章になってくれない(´;ω;`)
時間がかかってすみません。
でも、まだまだ入り口にも達していませんので、気長にお付き合い頂けると嬉しいです。

ちなみに
本サイトの間に合わせのはずだったブログのチラ裏がすっかりメインになってしまって
久しく本家を更新していませんが(時々、加筆&修正はしてる)
本サイト『三、人物記』の背景画像に使用予定の家紋
大内家「大内菱」(おおうちびし)を紹介しておきます。


大内菱


シャープなセンスの光る、かっこいい家紋です。

では折角なので、今日は
連載中の「畠山義就的『応仁の乱』」の特別編といたしまして
「大内政弘的『応仁の乱』」をどうぞ。


大内政弘
(2015.12.10ちょっと修正)


大内さん、良い奴エピソードてんこ盛りだし
義就に並んでネタ満載だし
なんかやたらスケールでかい
そんでもって、めっちゃ素直だし
もっと人気出て欲しいですね。
もーれつに宣伝が足りない!
も太郎に愛されて喜んでる場合じゃないよ。もう!
 (※水牛の大内も太郎については
  当ブログ「畠山義就(その4)」の最後の方をどうぞ)

もー内さん
もっと人気ものになりますもうに
なもなも



posted by 本サイト管理人 at 23:25| Comment(0) | ☆チラ裏総目録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: