2014年10月06日

リビジョンアップしました

(チラ裏シリーズ)

こんばんは、『チラ裏日記』です。
つまり、今日も話は前に進みません。

さて、先日『チラ裏総目録』を作成したついでに
本サイトの方も、全面的に見直しをしてみましたので、お知らせです。
とりあえず、『二、室町幕府雑学記』の『2-1』から『2-5』まで終わた。
まあ、所々、言い回し変えたり
うっとうしい文章を書き直しただけですが。


あと、申し訳程度に「小見出し」を付けてみました。
あまりに、読み難い長文でしたので。
…うん、分かっているんだ、自分でも。
3行で済む事を、30行にしてしまっているのは。
でも、室町幕府の前中期という時代は非常にマイナーなので
基礎知識ゼロでも、わりと深い所まで理解出来るように構成しているつもりなのですが
どうでしょうか?
改善点がありましたら
室町初心者からプロムロマーまで
様々な視点からのご意見を頂けると、有り難いです。


ちなみに、『2-5』の足利義教の話は
いくつか具体的なエピソードの解説も追加しました。
小見出しで言うところの
「日記が語る真実」の最後と
「義教が目指したもの」の最後の方です。
ああ、また長くなってしまった…けど、これでもまだ話し足りないw
しかも、日記読み直していたらまた良い話に気付いてしまいました。
義教さんのポケット、マジ四次元


なんというか、義教
脳内シミュレーションを尽くしてから行動するタイプ」だったようで
すべて「…計画通り(ニマリ)」みたいなところがあります。
まあ、義教と、尊氏弟の足利直義の2人は
実際、相当に頭良かったと思いますよ。
歴史上の他の偉人と比べても、ちょっと異次元な頭の良さです。
だから理解され難いのでしょうが
義教は、マジで結果出してる有能公方だし
延暦寺の件なんて、本当は「本尊救出」の為に尽力しただけなのに
「延暦寺を攻撃した!!」とか
今でも誤解されて叩かれて…しどい話(´;ω;`)ブワッ

歴史の誤解ってのは
一度広まると、なかなか解けないので本当に大変です。
(まあ、これは室町に限らず、ですが。)
どんなに頑張って本当の事を叫んでも、虚構の前に掻き消されてゆく…
だから、つい長文になってしまう、と。

うん、でも
延暦寺根本中堂の御本尊「薬師如来様」だけはきっと
それから、青蓮院門跡「青不動明王様」だけはきっと
すべての真実をお見通しであられるに違いない!!
そうに違いない!! ってゆうか、そうであってお願いww


ところで、なんでいつも
うっとうしい長文の上に、話がとっ散らかり気味なのかというと
実は、その目標とする所が
「室町の推進&応援」だけに留まらず
本サイト『2-4』の「これからの武家政治」の最後でもチラッと述べましたが
究極目標が、「日本の取説作成」だからです。(※取説…取扱説明書)
ズコー
なんか、余計な事しているかもしれませんが
しかし
「日本の歴史」というものを
太古の古代史から現代まで、"一連の流れ" として巨視的に探った時
そこに
何かしらの『因果律』が存在しているような気がしないでもないような気がしないでいられるような人は、たぶんいないと思います。

それに、この究極の取説があれば
完全体になった挙句ボーナスステージ来たコレで
テッテレッテレーてぃろてぃろぴろーーーん、ですよ。
…それなのに
今、世の中がちょっと(いやだいぶ)おかしな事になっているのは
誰もこの取説の存在に気付いてなくて
間違った使用法で日本を運営してしまっているからに違いない!!
くっ、なんて事だ!!(妄想中)

まあでも
義教とかのレベルだと、既に取説持っていそうですけど。


足利義教


何を… 何を納得しているというのだ!!

(※天台座主(てんだいざす)…延暦寺の一番えらい人。
 ※青蓮院義円(しょうれんいん ぎえん)…義教の正体。)

ってゆうか、わりと薄っぺらな感じですが
こんな、マザボの取説みたいなんで大丈夫なのでしょうか。

でも、この世界の最大の謎である「宇宙の法則」なんてきっと
A4の紙一枚にも満たないと思いますよ。
最高に複雑なのに、最高にシンプルに表現出来る、だから
「宇宙はエレガントである」と言われます。

ああ私も、言いたいこと3行で表現できるように訓練しよ。



【今日のまとめ】

こんばんは
本サイト
ちょっと修正しました



posted by 本サイト管理人 at 00:32| Comment(0) | ★チラ裏日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: