2015年05月06日

かんのう日記予告

(チラ裏シリーズ)

こんばんは、今日は
ウマー系『チラ裏日記』です。


さて、GW企画の思い付きキャンペーンで
 「『神護寺三像』の伝平重盛像伝源頼朝像
  尊氏直義だって認められますように祈願

を開始し
本サイトの「TOPページ」を特別仕様に改変しておりましたが
 (※この話は→「GW企画 国宝『神護寺三像』」
今日はGW最終日という事で
目出度く結願の日を迎えました。


(※結願(けちがん)…
 仏教で、日数を定めて行う法会・修法が完了する事
 またはその最終日の事。
 …ちなみに、法会・修法を開始する日に
 本尊の前で祈願の旨趣などを述べる事、もしくは
 その初日の事を、開白(かいびゃく)という。)

(※修法(しゅほう・すほう)…密教の加持祈祷
 護摩を焚き、印を結び、真言を唱え、本尊を観じて行う一連の儀式
 祈願の内容によって、それぞれ厳密な作法がある。)


つまり、今回は
GWの8日間と期間を定め
 「尊氏直義認定、よろしくお願いしまーす!」
啓白(けいびゃく)した4月29日が「開白」
以後、毎朝自分のHPを開いてはナムナム自画自拝し
今日、5月6日に「結願」
…という事になります。
 (※啓白…神仏などに謹んで申し上げる事。敬白とも。)


さあ、願いはいつ届くのか!?
…とか言いたいとこですが
還俗公方の6代目義教みたいな魔力がある訳でも無いのに
密教っぽくお願いしてみたところで、何がどうなる訳ではありません。
 (しかも、空しい自画自拝)
まあでも、心だけは込めた、心だけはw



ちなみに…
歴代室町将軍はみな
"主宰者" として、護持僧をして頻繁に修法を修していますが
 (※例えば…不動法とか愛染王法とか普賢延命法とか
  五壇法とか五大虚空蔵法とか尊勝法とか尊星王法とか…)
しかし
個人的に "本人" にも法力を感じるのは
義教と…直義です。

義教は見るからにそんな感じですが
直義ってww
何か、そういう不可思議面は尊氏の担当で
直義は理性面専門ってイメージがありますが
 (…と、私はずっとそう思っていましたが)
直義ってのは、これがまた意外な事に
知れば知るほど
人知じゃ説明付かない "もう一つの顔" が見えて来るのです。





さて、ついでにお知らせですが
本サイト「二、室町幕府雑学記」の画像の一部をリメイクしました。
まずは『2-4』「室町時間旅行」
「室町時間軸」です。

室町幕府
(※クリックすると拡大します。800×457px)

前作が余りにもダサかったもんでww

後は、同じく『2-4』「始まった場所」
旧直義邸跡、現在の『御所八幡宮』の写真の直義
それから、『2-5』「歌に映る」義教和歌
最後の「夜が明ける日」義教お茶画像。
それと、『2-8』「応仁記の謎を解く」の最後
『上御霊社の戦い』に挑む畠山政長
…の計5枚。

まあ、ネタは変わってないので、結構どうでもいい話ですが
私の苦行記録という事で。
…苦行のわりに
画力法力も大して上がってないのが切ないですが
まあでも、愛だけは込めた、愛だけはw





さて、ようやく今日の最もどうでもいい本題
ウマー日記に入ります。

とある日の私のおやつ
レオニダス「ショコラッテ」です。

レオニダスショコラッテ

この棒付きチョコを
75℃程度に温めたミルク230mlの中でくるくるすると
誰でも簡単に本格ホットチョコレートが楽しめる!
…という
「ちょっと極楽行って来るっ」系のとろけるおやつです。


それでは早速、ホットミルクを用意して

ホットミルク

ショコラと溶ける魅惑のひと時
いっただきまーす!!
ばりっばりっっ
もぐもぐ、ばりっ

ウマーーーーー(゚д゚)ーーーーーーー!!!

味、香り、舌触り
全てがチョコレートの至高に達した
ベルギー王室御用達チョコレートブランドの芸術!!
この官能を表現する言葉を
私は知らない―――


……って。
( ゚д゚) < あ。

間違って、そのまま食ってしまいました。

わ、私としたことが…
仕方ないので
空しく残ったホットミルクでも飲みながら
話を進めたいと思います。



さて、"官能" といえば "観応"
という訳で、『観応』のお話です。


室町創生期、特に『観応の擾乱』時期の歴史については
現在、連載足踏み中の「室町絵師ランキング」の途中で
その真相に気付いて以来
この事実をどっからどう説明したらいいのか
延々もんもんに考え続けていたのですが
もうどう考えても、どうにもならなそうなので
このブログで、新たにカテゴリ『チラ裏観応日記』を設けて
手当たり次第、思いつくままに
こま切れのネタを小出しに披露していく事に決めました。

…というのも
この『観応』辺りの歴史の真相って
数年の時間を隔てた色んな史実が縦横無尽に絡み合っている上に
これまでの通説との違いが大き過ぎて
時系列に沿って順当に話を進める事が出来そうに無いのです。
きちんと筋書き立ててから…
とも思ったのですが
そんな事してたら
そのうち、弥勒菩薩が来る時節になってしまいます ><


特に、尊氏直義の事については
『神護寺三像』の話はもちろん
これまでとされて来た、つまり
想像するしかなかったので諸説乱立していた二人の真意
実は、一次史料の分析から、かなり詳しく知る事が出来ます。
妄想する余地の無いくらいに。



という訳で
昨年末の「室町絵師ランキング(第3位)」の最後で
絵師将軍足利尊氏について
…もう少し語りたい事があるので
「室町絵師ランキング(第3位)(…の余談)」に続けます…

とか言ってしまいましたが
結局、もう少しどころか
もう半万光年はありそうな事になってしまったので
この辺の事もすべて
新カテゴリ『チラ裏観応日記』に丸投げする事にして
次回の絵師ランクは「第2位」に突入予定です。



ってゆうか
"観応(かんのう)日記" って、なんかいけない感じですがw
まあ仕方無い、私が悪いんじゃ無い。
でも実際、頭溶けちゃいそうになるくらい
すごい話たくさん有るので期待して下さい。

あーいや、もちろん変な話ではないので
変な心配はしなくても大丈夫ですが
本当の本当の史実の真相が
最高の小説以上の物語だった―――なんて言っても
今は信じてもらえないと思いますが
本当に、天地がひっくり返るほどの衝撃で
この感動を表現する言葉を、私は未だに見つけられていません。
チョコレート以上に愛しくて切なくて
みんな泣いてしまう…と思う。
実際、私は泣きましたw



とりあえず、『チラ裏観応日記』開演まで
チョコなしホットチョコレートでも飲みながら
しばしお待ち下さい。
最高のチョコレートを提供出来ると思いますのでw

たまには、ノーマルホットミルクも (゚д゚)ウマーー



posted by 本サイト管理人 at 23:27| Comment(0) | ★チラ裏日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: